« ヨガ イベント | トップページ | エロ面白ラウンジ。69年サウンドトラック。 »

イーディ セジウィック

ヴォーグ今月号に久しぶりの彼女の記事を見つけました。
18歳かそこらに60年代、ウォーホールのファクトリーなどアメリカンカルチャーにかぶれた頃、バスキアに並んで、天使か悪魔か子供なのか、とにかく衝撃でした。長い手足、銀色に染めた髪、羽のような睫毛。当時のNYCの芸術家やミュージシャンを虜にして28歳でさっさと亡くなってしまった、東部の大富豪セジウィック家の令嬢。ウォーホールは特に、彼女に嫉妬と羨望の複雑な感情を持っていたと言う話もあります。彼のヘアスタイルはイーディーの真似とも。

20060904185825_1

今、このスタイル新鮮です。ショートカットにミニスカート。グラマーというよりユニセックスな細っこいシルエット。木村カエラさんも似たキャラクターですね。春のイメチェンを考えている方は是非参考にしてみては?

アンディ・ウォーホル/コンプリート・ピクチャーズ

|

« ヨガ イベント | トップページ | エロ面白ラウンジ。69年サウンドトラック。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。