« 岐阜観光ガイド | トップページ | ラスチカスは美容室であった »

Lady Penelope's Secrets


Lady Penelope's Lifestyle Secrets (Thunderbirds)

小さい頃NHK で放送されていたサンダーバード。姉と2人でかぶりつきで観ていました。
1965年にイギリスでテレビシリーズが放送開始。日本では少々遅れての放送でした。
60年代というのは、スペイシー極まりない時代で、

1957年10月 ソビエト連邦が スプートニク 打ち上げ成功。
  同じ年 11月 ソビエト連邦は ライカ犬 を乗せた スプートニク2号 打ち上げ成功。
1958年 アメリカ合衆国 エクスプローラ 打ち上げ成功。
1961年 ソビエト連邦 ガガーリン を乗せた有人宇宙船 ボストーク1号 打ち上げ成功。
 こうしてアメリカ合衆国とソビエト連邦の冷戦(宇宙開発競争)が60年代になだれ込みます。


732pxsputnik_asm
Via wikipedia

ライカってカメラのライカか?(笑)スプートニクってイームズの照明器具の名前じゃん。どっちが先なんでしょ?でもほんとうに60年代の家具、車、デザインは頭が変になりそうな程カッコいい宇宙モノが多いです。

ソビエト連邦に遅れをとったアメリカ大統領、J.F.K.は、何が何でも人類の月着陸をソビエト連邦より早く!と300億ドルをかけてNASAを設立。アポロ計画をスタートさせます。冷戦時代、月の領土争いや、月に届く宇宙船開発=大陸間弾道ミサイルICBMの開発であり、その遅れは脅威だったのです。

1969年 7/20 アポロ11号 月着陸船イーグル月面着陸。アームストロング船長、月に人類初の第一歩。

これをワタクシ、覚えているんですよ。(やばっ、いえいえ、十字軍遠征も覚えてるし、むかーしユリウス カエサルがブルータスに刺された時の事も覚えてます 笑)保育園の記念写真もこの月面第1歩の写真がバックになっている。

嗚呼、いかん!面白すぎて長くなってしまいましたが、サンダーバードが始まった65年は、まさにアメリカとソ連が宇宙開発にしのぎを削っていた盛りだったのです。

The_men_in_my_life


さて、このピンクの本『Lady Penelope's Secrets』 全て英語で書かれていますが、オールカラーで写真も多く、見た目も楽し気です。上流階級のお嬢様、実は秘密諜報員ペネロープさんが、レディである事と仕事。自らのファッション、帽子、ダイヤモンドやアクセサリー。またトレイシー一家の男性達の紹介など語り口調で書かれています。本の著者もペネロープさん本人です。(笑

Hi360003

彼女はレディでありますが、よく着替えるお洋服は、スパイの為の衣装替えであり。コンパクトや口紅は誰にも気がつかずに連絡できるトランスミッターであり、執事のパーカーさんは、ペネロープさんに捕まえられた、元腕利きの金庫破りであったり、結構ワイルドな事がわかります。
実際テレビ放送を観ていると、ペネロープさんはスパイして的を絞ると、『パーカー、おやり』と言って、犯人をやっつけるのは、ほとんどパーカーさん。困った時助けに来てくれるのもパーカーさん。さすがにレディはこういう信頼できて、いざと言う時できる男を身近に置いているんですなー。うらまやしいー。

美しいペネロープさんは、そのイメージに違わず上品かつ優雅に任務をこなすのでした。お手本に出来るものならしてみたいですなあ。
ちなみに、サンダーバードの時代設定は2065年です。まだまだ先ですが、それまで生き延びれるのかしら。


Hi360004_1

|

« 岐阜観光ガイド | トップページ | ラスチカスは美容室であった »