« 夏失速? でも『5人の女性の日本画展』  | トップページ | バービーコレクター2 »

ヘアースプレー

<月曜日祭日を営業した為、明日明後日、17、18はお休みです。ご注意ください。>




ミュージカル『ヘアスプレー』は、1988年にヒットした、奇才ジョン・ウォーターズ監督の同名の映画を、2002年にミュージカル化。ブロードウェイで上演され大ヒットを記録。2003年の第57回トニー賞では、13部門にノミネートされ、最多の8部門を獲得するなど、ショウビズ界を席巻。7月18日より日本での公演がはじまります。

ジョン・ウォーターズ監督映画がブロードウェイ・ミュージカルになり、そのヒットでまたまた映画化。10月に公開される模様。


070712_hairspray_main
via cinema cafe net

舞台は私の大好きアメリカ60年代。オリジナルは若かりし頃観ました。そんなこんなを観て60年代好きになっていったのでしょう。
どこの世界でも根深い問題、人種差別、いじめなどネガティブな課題をハッピーにそしてブラックジョークで乗り越えてゆくパワフルで楽しい映画です。

原作ではブロンディのデボラ・ハリー、ディバインなど筋金入りのカッコいい方々がご出演。今回の作品では主人公・トレーシーの母親役でジョン・トラボルタが女装姿で登場するらしい。ようはディバインが演じてた役です。いつの間にか、とっくに(?)不動のカルトアクターになりましたね。かつてはアンディ・ウォーホール、今ではマドンナを魅了するジョン・トラボルタという人、かっこいい、すごい。すごすぎる。サタデーナイトフィーバーのDVDを買おうか真剣に考えていた所でした。かつての細身で踊りまくっていた彼を知らない若者の皆様ご覧下さい。笑

アメリカ60年代の音楽とファッションとダンスが堪能できます。ヘアスプレーというだけあってトレイシーはヘアマニア。ヘアスタイルの工夫をこらして毎日学校に行くのですが、これも楽しい。
おデブだけどお洒落、ダンスもうまい。元気で優しい。いじめられたって、黒人のお友達が差別されたって、断固として立ち向かい、強く、ハッピーに乗り越えるのです。そうそう、めげててお友達に愚痴っても何も変わりません。ド派手に楽しく毎日を〜。観ると元気になりますよ。

変態映画ばかりを撮ってるように見えるジョン・ウォーターズ。彼がこだわり続けたボルチモアは、入植時代イギリス系が多かったと聞きます。アメリカでは私達の想像以上の人種問題。基本はこうゆう事なんじゃないでしょうかね。リメイク版やミュージカルで関心をもたれたら、ちょっとスパイス入りのウォーターズ作品もご覧あれ。




51bm13av32l_ss500__1

追伸 高っ!けっこうプレミアついてますなー

|

« 夏失速? でも『5人の女性の日本画展』  | トップページ | バービーコレクター2 »