« 9月スケジュール。ファッションと行楽と食欲の秋 | トップページ | ボブ その後 »

そして芸術の秋


昨日食べ物に気を取られて忘れていましたが、秋は読書、芸術の季節でもあります。

岐阜では上映されないのかと諦めていた「ボルベール<帰郷>」岐阜シネックスにて9月1日(土)〜9月7日(金)1週間限定特別上映する模様です!! わーい! 

この映画、物語が深層心理学的に深ーいみたいですが、私もまだ観ていないのでそれは置いといて。主演のベネロペは洋服はわざと安っぽいものを着ていますが、靴だけはずっとイスパニョールの最高級品を履いているらしいです。

070525_volver_main
photo cinemacafe.net


インランド エンパイアもようやく名古屋で上映が始まります。

デビット リンチの作品は、ちょっと意味不明な夢をみて目覚めた時の、いい感じにうんざりした気分になるのが楽しみなのですが、謎解きするしないはあなた次第(案外見事に納得したりする)私は謎は謎のまま、を味わいたい派です。
原点に帰ったと言われてるこの作品、どのくらいうんざりするんでしょー。どMまたは変態な方どうぞ。

秋の夜長、美女に魘されるか、悪夢に魘されるか。どちらも魅力的でございます。



『牛だぜー... おい見ろよ!デビットリンチだよ! 何やってんだ? 』
牛、牛、と騒ぐ人達に、


『チ・ー・ズ・は・牛・乳・か・ら・で・き・て・ん・だ。わかったか?』


と説教するリンチ。いい老人具合。笑。 映画を観たらこの意味わかるんだろうか?


|

« 9月スケジュール。ファッションと行楽と食欲の秋 | トップページ | ボブ その後 »