« そして芸術の秋 | トップページ | 暑さが残っているうちに »

ボブ その後

春からモードな髪型であるボブが流行しています。このごろやっとバラエティ番組に出演するタレントさんにも増えてきて、日本人の直毛には画期的な軽さをもたらした、故にずっと手放せなかった軽い、動く、レイヤー大流行時代が終わって、美容師としてはちょっと楽しい事です。否定的なのではなく、色々な選択があるほうが切る人も切られる人もきっと楽しい。勿論レイヤーが好き、似合う方はレイヤーだって良い訳です。

今月号のヴォーグをよおおおおうく見てみると、ある髪型が盛んに登場しているのが気になりました。

あごラインで、やや削ぎとちょっとだけレイヤーが入ったボブが綺麗に巻いてあります。まさにエレガントの象徴、具体的に例えるなら、あのグレースケリー。


Gkelly


今日早速ばっさりボブに切ることを希望のお客様に勧めちゃいました。毎日巻くのは大変なので、ゆるく毛先にパーマをかけて、仕上げはT.P.Oで、朝起きて写真のようになってるってのは不可能な手の込んだスタイルですが、お出かけのときはおめかしして巻いてみる。普段はムースでゆるいパーマを生かして自然乾燥させるとよいと思います。

秋は本当に夏のダメージと空気の乾燥で、お肌も髪も枯れ枯れになりやすい季節です。

髪が色あせしやすい夏(してしまった夏)の後、カラーを楽しむのも良い季節です。

お勧めはバイオレット系。ど紫になったりしませんから心配ご無用。大人の女性に似合う、しっとり艶髪になります。スカスカに黄色く色あせしちゃった髪を芯のある綺麗な色に戻すのにも最適。

またトリートメントも髪から頭皮のケアまでばっちりカバーしております。お申し付けください。


Gksultry_color

|

« そして芸術の秋 | トップページ | 暑さが残っているうちに »