« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

イチョウ


11月最後の金曜日。久々の快晴。今年最後のインディアンサマーかもしれませんね。

太陽にキラキラ照らされて、ラスチカス前のイチョウが綺麗に金色に染まっています。

まさに黄金色。これが空から小判のようにハラハラ落ちて来る。なかなか縁起のよさそうな話であります。


Ts3e0230



青い空と金色の葉。すごく綺麗。ああ、幸せ。



Ts3e0240


その後の掃除はちょっと大変なんです。ほんとに純金の葉だったらいいのになあ。

|

大野町の柿



先日、岐阜の大野町出身のお客様に柿をいただきました。秋に頂く事は良くあるけれど、こいつは大きくて普通の柿より赤い。正直頂く事が多いので自分で買ったりした事はなかった。岐阜の人は多いと思います。何故だかいつのまにか台所にある柿。
大野町の特産品の柿は富有柿というらしい。きっとこれがそいつに違いない。
 


皮を剥いて切る時???種が、無い?
食べてみた。やっぱり種がどこにも無い。そして美味い。



いやあ、びっくりした。感動した。柿ってこんなに美味しいんですね。種無し柿ってあるんですね。

あんまりびっくりしたので、頂いた方にメールで感想を言ってみた。そしたらやっぱり。

お父様が毎年、こうしてみよう、ああしてみよう、と色々考えて作ってらっしゃるとのこと。だから美味しいんですね。農業万歳!


作る人って、使う人の事、食べる人の事、色々考える。髪だって、お客様がいかに輝くか、考える。ラスチカスのマユミが目立ちたいのではなく、お客様ひとりひとりをそれぞれに引き立てるのが私の仕事である。


みなさん何でも、何かを手に取った時、食べる時、作った人が必ず居て、良いものを作ろうという思いがある事をちょっぴりでも想像してみてくださいね。でも何より、美味しい!と思ったり、良い!と思ったりするアナタの感覚が一番大切。だって生きてるんだもの。

大野町の(えーい言ってしまえ)岩田さんちの柿も是非。美味しいよ! 見よ。普通柿との大きさと色の違い。(岩田さん迷惑でしたらご一報ください 笑)

Photo

|

朝時間



冬は早起きがつらい。早起きでなくとも起きて布団から出るのがつらい。
寒いの苦手&低血圧の私は、真冬の朝ってもうこの世の終わりのような気分。思い起こせば、小学生の頃から朝は叩き起こされても起きられなかった。猛烈に集中力が出るのは夜中。ちゃんとOLサンになれるか不安、と思った子供の頃。この駄目(笑)体質が自営業になった源かもしれない、と思うのはかなり真実であります。

克服しようと、東の窓のカーテンをちょっと開けて、朝日が入るようにしてみたり、(これ天気良いと効果的デス)朝食を楽しくしてみたり工夫しております。

早朝の仕事があっても朝食は必ず取ります。頭が覚めないので、あえて早く起きて時間を沢山とってゆっくり朝食をとります。バタバタすると1日調子が悪くなってしまうのです。今の所は蜂蜜とチーズが楽しみ。(いつも楽しみが食べ物に繋がってしまう)



Logo2


早起きを楽しくするヒント満載のサイト朝時間.jpは簡単朝ごはんレシピや目覚めすっきり術など早起き美人さんが沢山登場。見て羨望と尊敬。ああ、素敵、朝から顔もむくまないで、すっきり美人でいられるなんて。うるうるキラキラ瞳になれるコツと食事のレシピなんてのまである。

こうゆうサイトがあるってことは世の中早起きが苦手な人が多いからに違いない、こんな素敵な生活はそうそう続けられるもんじやない。なんて思いつつ、3日坊主でもやらないよりマシ。なんでもとりあえずやってみよう。と言ってる今の時間(深夜です)を考えると明朝は無理なのか?




Karada_top_01


|

12月のお休み

いよいよまもなく12月です。クリスマスと忘年会と大掃除と大晦日が終わったら新しい年になる。なんでも新しいって良いですねえ。
12月お休みは

3、(月曜日)4、(火曜日)10、17、24、(月曜日)
31日、月曜日はパーマ、カラー13時、カット14時までの受付
とさせて頂きます。


とうとう本が無くなってゆくのか。アマゾンの電子本端末「Kindle」単体で携帯データ通信ネットワークに接続してネットに出られ、アクセスできるAmazon.comで電子書籍が購入できる、PCからと同様に検索やお薦めリストの参照、レビューの閲覧まで可能。

ワタクシはいろんなフェチなんですが、美しい装丁の本というのには弱く大切にしている古くさい人間です。古本屋大好き(この頃の新しい本はフェチ心をくすぐるのにもなかなか出会えないけれど)本がなくなったら寂しいなあ。

といいつつ、ひと昔前、CDなしでデータだけなんて寂しい、などと言っておきながら、今ではCD邪魔かも、データだけでいいかも、と思ったりしている節操の無い人間であります。

果たして近い未来、来年くらいか?ワタクシは電子本で読書を楽しむようになるのか?さてお楽しみ。


Newsweekkindle

|

サンタクロース

Gn2007112101


大人になって小学生や中学生の無垢なお子様達が、サンタは本当にいると信じている、信じていた、という事実を知ってびっくりした、サンタなんていると思った事が一度も無いひねくれたワタクシです。

純金製のサンタクロース。お値段2億円。前のジュエリーアイスでも思いましたが、これをどうしろというんだろう。居間にでも飾るんでしょうか?セキュリティーばっちりのお家でないと危険ですね〜。クリスマスまで1ヶ月。寒くなりました。早く春にならないかなあ。


|

愛は負けても、親切は勝つ


カート・ヴォネガット氏の訃報が私の周りでざわざわした春、しかし彼の活躍した80年代、私は多分違うものにかぶれていたらしく全く読んでなかった。ので読んでみた。今更、遺作を。


『愛は負けても、親切は勝つ』


という名文句の創作者らしい。なるほど愛は厄介なときもある。

10億円ポンと自治体に寄付したお婆さんは親切なんだろうか。
なんでダライラマの来日はテレビで報道されないのか。


かけらも愛がなくても「親切」にすることはできる。
戦争で捕虜となり、途方も無い孤独と絶望を経験して年老いたヴォネガットの思想が、寛容さにつながることは、人間に、皮肉と愛と親切を込めたユーモアからなのでありましょう。

アメリカ、ブッシュのこき下ろし、石油依存症の人類への皮肉、人間と人生のくだらなさを語る人間主義者ヴォネガットの言葉は正直で、親切より愛に溢れております。


景気がわるいとお笑いが流行るとも言いますし。この頃は何故だかちょいボケのお年寄り(うちの親?)を眺めているのが大好きであります。やっぱりね。笑って行きましょう。

国のない男


|

地球の出、地球の入り

ニュースにもなってましたが、我が国日本が打ち上げに成功した大型月探査機かぐやの映像、宇宙航空研究開発機構『地球の出、地球の入り』

効果音がないのが宇宙ぽさを引き立てます。

テレビで、
『100年証明できなかった数学の難問ポアンカレ予想。
ロケットで宇宙にロープを一週させ、両はじを同時に引き寄せてロープが回収できれば、宇宙はほぼ丸い形といえる、を証明する{ポアンカレ予想}宇宙はどんな形なのか?  がロシアの天才数学者、グリゴリ・ペレリマン博士によって証明された。ところが、ペレリマン博士は数学のノーベル賞といわれるフィールズ賞や賞金の受け取りも拒否し、謎の失そうを遂げた。』

というのを見ました。数学苦手な私はよく解らないかったですが、人間、神様に近くなると死んでしまったり、おかしくなっちゃったりするんじゃないかなー、と思ってました。メビウスの帯とかも、形で見てさわっても頭がこんがらかってきます。天才って大変だ。俗、俗、俗っぽく俗っぽくが人間らしくて良いのかも〜。

|

湯たんぽ



私の苦手な、寒くて暗い冬がやって来る。夕方5時ですでに真っ暗闇。もう気分はどうやって冬を楽しく乗り切るか。冬の美味しいモノのことと、本当にやってくるのか定かでない(笑)来年の春の事ばかり考えています。


ところで湯たんぽが流行っているらしい。


このところの省エネ、また暖房器具はお肌も髪も空気も乾燥させ、カサカサだけでなく風邪もひきやすくします。電気毛布なんてのはほんと美容の大敵でありまして、そういう事で湯たんぽが見直されているらしいです。

私の冷たい眼差しと、刺すようなひと言にもめげず、いつも新商品を持ってラスチカスにやってくる美容材料Dラー営業マンのM君。先日はその湯たんぽを持ってきてくれました。


Ts3e0123



。。。。どピンク。。。。。?



ああ、びっくりした。



急速蓄熱充電方式で水を取り替える必要も、湧かす必要も無く、10分ほどで充電完了。1回の電気代は2円。これでほぼ1日暖かい。


Ts3e0130


充電の差し込み口はハート型。。。



。。。これは何処かで見た事がある。。。。





51fj4qnbrkl_ss500_



モモレンジャーかー!




Ts3e0132


買ってしまいました。

『いらん』 と冷たく言われるとかなり覚悟していたらしいM君、ちょっとびっくりした様子。

お日様の光を受けて、ピンクにキラキラ光る素敵な湯たんぽ。
これで暗くて寒い冬は越せるかしら。



欲しい方はお申し出ください。



Ts3e0134


|

バラとバレエのお嬢様


お休み中思いついて花フェスタ記念公園に立ち寄ってみました。ちょっと古い話ではありますが、花の都ぎふ祭りのコラムを今更ですが荒俣宏さんが監修なさっていたのを発見。荒俣さんのではありませんが、もともとこんな本が宝物だったりもしまして、


51303nbswfl_ss500__2


んでちょっと行ってみました。秋なので花の数は少ないですが、バラの香りは良いそうです。ふぇ ふぇ ふぇ フェロモン〜を刺激するらしいです。(笑)写真のお嬢様、たぶん名前がセントセシリア と、キャサリン モーリー (どちらもイングリッシュローズ)からは、フルーティで美味しそ〜うな芳香がしました。


Ts3e0110


ひゃー、なんと可憐な気品溢れるお美しさ! 


Ts3e0117


可憐で気品の美しさと言ったら、今週末、客さまのお嬢様ご出演、かつてはあのミラクル浅田真央さんも通ったという、越智インターナショナルバレエ公演のお知らせ。

ご招待チケットをお分けすることができるかもしれません。(S席を除く)

ウクライナ、ロシアより、外国人男性ダンサー多数来演!

きゃー素敵!
ワタシが行けるモノなら行きたいです、なかなか機会がないとバレエ公演見れませんね。

バラには棘が、バレエには人間の体で表現する為の血の滲む努力と研澄まされた肉体美が。美には強さがつきものなのでしょうか。

鑑賞なさりたい方、遠慮なくご連絡ください。


Photo_3

|

ツェッペリン号

11月に入って忙しくしていました。今夜帰って久々に飼い猫の姿をまともに見ましたよ。構ってなかったので彼女も珍しく私の膝の上にどっかり座って寝ておりました。5キロもある奴なので、重い!(笑)のですが、気持ちよさげな寝顔に癒されました〜。

毎日、朝晩の気温の変化が激しいせいか、風邪が流行っているそうです。どうぞお大事に。

土日の仕事の合間に窓から飛行船が何度も見えました。
小さい頃ツェッペリン号が広告として(?)近所に飛んできて追いかけて走った記憶があり、外に出て近くで見たくてうずうずしてしまいました。調べてみるとやはり、この週末に愛知、岐阜を飛行していました。日本飛行船

スピード時代に、ゆーっくり動いて、空にぽこんと浮いているのが異質で不思議な飛行船ですが、125キロの最高速度がでるそうです。

遊覧クルーズもしているようです。ちょっとお高いなあ。でもいつか飛行船で海外旅行なんて時代もくるのかもしれませんね。


Luftschiff

|

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »