« 日本画展 | トップページ | 花便り »

シャーロット・ランプリング



今月のヴォーグの特集、東京からおばさんが消える日、というのに苦笑しつつ、グラビアには樋口可南子さん、フジテレビの安藤優子さん等、キャリアと美しさ、しなやかさを兼ね備えたイイ女が勢揃い。



30代の女はコワい(嗚呼どうか怒らないで30代のアナタ)、と自分を振り返って思ったりします。孔子曰く、而立。40、50代、不惑を過ぎて女は優しくなって来る(図々しくなるという症例もあり)。苦労もして、強がる必要も持たなくなる。



0sr98_2



久しぶりに女優シリーズ。

少し前からシャーロット・ランプリング Charlotte Rampling がとても魅力的。

映画『ナック』や『愛の嵐』で少女時代の私の度肝を抜き、Helmut Newtonによるデカダンな写真で20代の私を恍惚とさせ、中年となった今、再びしなやかになにやら語りかけて来る女性である。

 

0sr95



ちょっと険のある目。少年のようでもあり、それでいてゴージャス。役選びに、潔い脱ぎっぷり。でも媚びる所を感じない強さ。老いを隠さずきりりと優しい。

なにって上手く言えないんだけれど。

好きです好きです、大好きです。


と告白しておこう。

Charlotte994

|

« 日本画展 | トップページ | 花便り »