« 大先輩です。 | トップページ | スキャルプ(頭皮)エイジングケア »

桜は妖しい

暖かくなりました。陽射しが春です。




桜もまもなく開花するでしょう、毎年毎年繰り返される繚乱、たとへ100年後、私が居ても居なくても、見る人が居ても居なくても変わりなく咲き続ける花の無常が、更に妖しさと美しさを掻き立てますね。笑
染井吉野はクローンで決して実をむすばないのです。結実しない花という矛盾が、美とエロティシズムと狂気を引き立てる逸話だったりします。



妖しい美しさといえば、泉鏡花作「高野聖」
が、坂東玉三郎さん主演、演出、編集、によって映画化されました。作品の季節設定は絶対に夏だと思うのですが、花咲き狂う春に観ても良いかもですね。中村獅童さんも共演です。歌舞伎って、よくわからないとか難しい、高級なイメージです、私もそうそう詳しくありませんが、、映画として見る事ができたり、演劇を超えて芸術家的に活動される坂東玉三郎さんの取り組み、素晴らしいです。んんん、観たいですね。





こちらは梅、老齢の枝ぶりに可愛らしく上品なお花。ぷくぷくの蕾はまるで初心な少女のようですね。
1332236972925.jpg

|

« 大先輩です。 | トップページ | スキャルプ(頭皮)エイジングケア »