« 秋深まる | トップページ | 大判焼きとdisability »

金華山

毎年ですが秋のはじめに涼しくなると、やけに身体が怠くむくむように感じまして、汗も出ないので、老廃物が溜まってる?と思い、久々に金華山によじ登ってきました。

いつもはほどほどの難易度、瞑想の小道を行くのですが、何を間違えたか何時の間にか私の進んでいるのは、最高難度の馬ノ背コース。。。
なんかねえ、変だと思ってたんですよやたら道が険しいし、時々手も使わないと登れない岩場はあるし…瞑想の小道は時々看板が、山頂まであと何メートルって励ましてくれるけれど、馬ノ背はそんな甘い優しさもない。

心臓一時停止くらいヒイヒイ言いながらまさに文字どうりよじ登りましたよ。ええ。それはもうこんな年増にはきつかったわよ‼

おかげさまでミイラになる位、汗もだくだく。山頂に到着した喜びと疲労で頭の中も真っ白。身体の毒も心の毒もすっかり絞り出しスッキリいたしましたよ!ルーララ~。


金華山の自然。


この実で、小学生の頃絵の色づけしませんでした?懐かしい。



1349774737379.jpg


柿がたわわに実ってます。秋ですねー。



1349774738840.jpg


彼岸花の群生。陽射しの中で夢のような景色です。



1349774739693.jpg

|

« 秋深まる | トップページ | 大判焼きとdisability »